採用情報

募集職種

理事長からのメッセージ
理事長からのメッセージ
こんにちは。 井上病院 理事長の井上 篤です。

自分自身、亡き父の遺志を継ぎ、板野町で臨床を開始してから早5年目となりました。 と、同時に私事ではありますが、当院では99人という、ほとんどが自分より人生の長い職員を抱え、日々の診療と理事・経営に追われ、 汗だくになりながらもうれしい悲鳴を上げております。 情けないことに自分の病院でも職員同士の論争などの不祥事も発生し、苦渋した時も多々ありました。

しかし、当院の理念である「全員がそれぞれのProfessional」を掲げ、現在も日々の臨床に励んでおります。

今回は、この理念の由来について書こうかと考えました。

皆様ご存じの千葉県にある、とある有名な施設。
ランド内の職員は、なんと9割がアルバイトだそうです。
しかし、自分自身もよく行っておりますが、園内にはゴミは放置されておらず、冬でも芝生は青々としており、子供に対してはどの職員も膝を折って会話をしており・・・。

では、あの施設はどうして24000人のスタッフ全員がここまで来客が驚嘆するような高いクオリティを維持することができているのでしょうか?

本を読ませていただきますと、あの施設はパーク内を「オンステージ」と呼び、ゲストに素晴らしい体験をしていただく表舞台としております。 そして、オンステージのすべてが「ショー」であるととらえ、オンステージで働くアルバイトはアトラクションの出演者はもちろん、 ショップで働く人も、清掃を担当する人も、すべてショーの出演者であるため、「キャスト」と呼んでいます。
この一言だけで、あのすばらしい経営が成立しているのです!

自分も行かせていただいた時に、土産物の宅配をしてくれる場所がどこにあるかわからなかったため、近くにいた風船を売っているキャストに質問しました。

「宅配便の場所はその道をまっすぐ行きましたら左側です。 しかし、そういうと間違えてしまうお客様もいますので、300mほど歩かれましたら左側にキャストがいますので、 またお気軽に聞いていただけましたらその続きを教えてくれますよ。しばらく歩かなければいけませんが、いってらっしゃい!」

感動しすぎて泣きそうになりました。

人(自分たちは患者様)に対する気持ちはここまでないと伝わらないのか、自分はそうしているのか?と、自分に虚しくなるとともに、そのキャストに感動しました。

正直、たがが風船を売っているだけのバイトの人なのに、そんなことを全く思わせない。
来てくれている一人一人に笑顔を振りまいて温かさをくれる・・・。
来て良かった。そう思わせてくれる・・・。

感動です。感無量です。

この施設がここまでできているなら、井上病院はさらに患者様の事を考えた医療、患者様を中心とした医療を提供していかなければならないなと痛感しました。

この経営方針を自分も胸に秘め、徳島県の「井上病院」という舞台で、99人のキャストが、舞台に来てくれるゲストに対して、 一人一人がリーダーシップを持って接することができるよう、日々の教育を行っております。

自分自身もあと30年、いや40年は板野町でがんばっていくつもりです。

皆さんも、井上病院のキャストとして頑張っていきませんか?

また、患者さまがお読みでしたら、どうぞお越し下さい。
体だけでなく、心もケアできるようがんばっている姿を見ていただけましたらと思います。

データで見る井上病院
データで見る井上病院

職種別男女比

看護部

  • 17名
  • 3名
  

介護部

  • 5名
  • 7名
 

リハビリ部

  • 6名
  • 6名
 

年齢比

  • 60代 23名
  • 50代 24名
  • 40代 25名
  • 30代 29名
  • 20代 18名
 

通勤時間