主な医療機器

ヘリカルCTスキャン


X線を照射して身体を輪切り状(断層)に撮影し、透過したX線量をコンピュータ処理によってデジタル画像化する装置です。
CT検査によって、人体内部の広範囲かつ微細な断面構造が、短時間で解るようになり、くも膜下出血など突然の出血を伴う出血性病変や、血管が詰まることによって生じる脳梗塞など脳内疾患の診断が飛躍的に向上しました。

マンモグラフィー (乳房X線撮影装置)


柔らかな組織である女性の乳房のX線撮影専用に開発された装置です。
乳ガンをはじめ、乳房にできる病気の早期発見と、適切な診療を実現します。 当院では、日本人女性特有の乳房形状に対応した設計で撮影時の乳房圧迫の痛みを軽減するハンドレストを備えた機種を導入しています。

MRI (磁気共鳴断層撮影装置)


電磁波を発生するトンネル内で人体に電磁波を当て、体から放出される信号を利用して、 その信号をコンピュータ処理により現像(核磁気共鳴現像)、デジタル画像化する装置です。 生体組織の種類による画像コントラストが、CTに比較してより鮮明に得られ、腫瘍や関節を構成する骨、 軟骨、靱帯、髄膜等の軟部組織の解像度に優れています。

消化器内視鏡


柔らかいうどんくらいの太さのファイバーでできた細い管に、スコープと病変をとる鉗子、 空気や水分を送ったり吸い込んだりする管が通っています、口または肛門から入れて中の様子を画像で見ることができ、 ポリープなどをとることもできます。
バリウムによるレントゲン検査よりも精密かつ正確な検査ができます。

レントゲン


当院では一般の立位撮影台に加え、臥位撮影台(体を横たえて、撮影する台)を完備しております。
レントゲンは、X線を体に当てて骨や脂肪を透過させ、組織による透過率の差をフィルムに写すことにより、 体の中の情報を得ることができます。
当院では主として整形外科疾患や検診などに使用するほか、あらゆるニーズに対応が可能です。